ワーク・ライフ・ブリッジ

一般社団法人エンジェルウェディング協会 

〒106-0047 東京都港区南麻布5-15-25 広尾六幸館305

Tel 050-3692-4188 地下鉄日比谷線広尾駅徒歩1分

Copyright © Institute Angel Wedding Association. All Rights Reserved.

教育資金

​贈与・相続

保険見直し

運用

​住宅資金

​老後資金

​ これからの『人生100年時代』に必要なこと、それは、健康寿命を延ばすこと、長く楽しく働けること、新しいスキルを付けること、お金を増やすこと、計画を立てること、知らずに損をしないことです。

 人生を素敵に楽しんで過ごすために、おふたりの、さらには子供たちも含めた家族のライフプランを考えてみませんか?ライフプランを考えるとさまざまな問題点が発見できます。子供の成長とともにかかる教育費、住宅ローン、病気やケガの補償、老後の生活資金に至るまで、知っていれば改善ができます。

 

 結婚、家族を持つことは第2の人生のスタート。お金の使い方、考え方が違うおふたりではお金のことでケンカをしてしまいます。なぜなら、夫婦のケンカの理由の第一位は「お金」なのです。価値観が合わない、こんな人ではなかったなどの理由のもととなっているのは「お金」の原因が大きいのです。

​ぜひ、「結婚」「家族を持つ」ことをきっかけに「お金」について真剣に考えませんか。

 まずはこれからしたいことをたくさん、思いっきりリストアップしてください!どうしたら、その夢を叶えることができるかを一緒に考えましょう!

​相談内容

​料 金

結 婚

◇結婚にかかる費用

◇結婚後の社会保険(公的年金・公的保険)

◇結婚後の保険の見直し

◇配偶者控除と配偶者特別控除

◇所得控除

◇103万円・106万円・130万円・150万円の壁

◇ライフイベントとライフプランニング

◇住宅ローン

出 産

◇妊娠・出産で支給される出産育児一時金

◇出産前後に支給される出産手当金

◇育児休業中に支給される育児休業給付金

◇産休・育児休業中の社会保険料の免除

◇扶養控除

教 育 費

◇進学プラン(教育資金)

◇私立と公立の違い

◇奨学金、教育ローン

贈与の非課税制度

◇贈与税の基礎控除

◇結婚・子育て資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置

◇住宅取得等資金の贈与

◇相続時精算課税制度

◇教育資金の一括贈与に係る贈与税の非課税措置

◇初回無料相談(30分)

何をどのように相談すれば良いかの無料相談です。

​まずはファイナンシャルプランナーがどんなことの相談を受けることができるか、何から手をつければ良いのかをご相談ください。キャリアアドバイザーとしてもお悩みを伺います。

ライフプラン表の提案書作成

 

​◇メールプラン(面談なし) 

ライフプラン表・キャッシュフロー表作成(各2パターン)

学生・独身社会人10,000円

これから結婚するおふたり・新婚15,000円

​ファミリー20,000円

◇面談プラン(面談1回)90分~120分

ライフプラン表・キャッシュフロー表作成(各2パターン)

学生・独身社会人15,000円

これから結婚するおふたり・新婚20,000円

​ファミリー他25,000円

◇個別面談

1時間 7,000円(出張の場合は別途交通費)

延長30分 3,000円

※事前に相談内容のメッセージをいただきます。

◇カップル・家族向け個別ファイナンスセミナー

テーマ「人生100年時代」・・・7,000円(90分)​

その他テーマ・・・7,000円(90分)

◇ママ向け団体ファイナンスセミナー

テーマ「こどもたちの人生100年時代」

10,000円(90分)・・・5人まで

​追加1人につき、1,200円

​その他のテーマも承ります。

人生100年時代を楽しく過ごすための4つのマスト

ファイナンシャルプランナー、キャリアアドバイザーとしてお手伝いいたします。

人生に必要な3大資金

こんなにお金がかかります!子どもを持つ予定がない家庭では、教育資金の準備が不要ですが、将来の介護費用などを考えると、老後資金は多めに準備しておきたいところ。マイホームを購入しなければ、高額な住宅資金は要りませんが、老後の家賃分を見据えての老後資金準備が重要です。

​だから、未来を考えて、今から「お金の勉強」を一緒にしましょう!

教育資金

 子どもが学齢期を迎えて社会人になるまでに、必要となる教育費を準備するのが教育資金プランです。大学や専門学校などに通う子どもの割合が約 8割の現在では、大学まで通わせることを前提としたプラン作りが望まれます。子どもが2人以上いれば、人数分のプランが必要です。

養育費・・・1,600万円

教育費(大学まで全て公立)・・・1,000万円

教育費(大学まで全て私立)・・・2,400万円

合計・・・2,600~4,000万円(1人)

​※各種機関の数値参照

住宅資金

 マイホームの購入を希望するなら、自己資金の準備計画や住宅ローンの借入れ計画が必要。ライフプランや自己資金の準備具合、金利の動向などを踏まえ、購入時期を検討しましょう。購入した後も、住宅ローンの繰上返済を行い、完済時期の前倒しや、返済額の圧縮をすることが可能です。

 ​住宅ローンは金額が大きく、期間が長いものです。金利の違いで、支払い総額が大きく変わってきます。

元金3,000万円の全期間金利固定35年ローンの場合

金利1.5%…91,860円(月支払額)3,858万円(総支払額)

金利3.0%…115,470円(月支払額)4,849万円(総支払額)

金利1.5%の違いで約1,000万円の違い。

老後資金

 公的年金ではまかないきれない老後の生活費を準備するのが老後資金プランです。毎年、誕生月に届く「ねんきん定期便 」などで、将来もらえる年金額をイメージしながら、不足する分の準備方法を検討しましょう。早いうちからしっかりと計画して、準備したい資 金といえます。

平均的世帯の老後生活費26.5万円

65歳~90歳の25年間

26.5万円×12ヶ月×25年=7,950万円

年金で補える金額

​平均的年金額20.3万円/月

20.3万円×12ヶ月×25年=6,090万円

​1,860万円不足!!!

​※出典 厚生労働省「平成28年度厚生年金保険・国民年金事業の概況 総務省「家庭調査報告2017」